エラスチンのバストアップ効果

エラスチンとは

マシュマロヴィーナスの成分の1つである「エラスチン」とは、繊維状のたんぱく質の一種です。

 

エラスチンはコラーゲンと共に、肌のハリや柔軟性を維持する役目があります。

 

エラスチンの含有量は、真皮で約2〜5%、靭帯で約78〜80%、動脈で約50%、肺で約20%を占めていて、人間の身体だけではなく、豚や牛、馬などの哺乳類、魚類などにもエラスチンは含まれています。

 

ところが、エラスチンは、20代後半をピークに年齢と共に減少していき、それに伴って、肌のハリや弾力が失われ、しわやたるみの原因となります。

 

エラスチンとバストアップの関係

では、エラスチンはバストアップにどのように作用するのでしょうか。

 

エラスチン自体にはバストを大きくする作用はありません。

 

バストのハリや弾力に大きくかかわっています。

 

理想的なバストとはどんなバストでしょう。

 

やはりハリと弾力があって上向きのバストが理想です。

 

そして、ツンと上向きのバストを維持しているのが、クーパー靭帯という組織です。

 

クーパー靭帯とは、バストの乳腺と脂肪を支えている組織のことで、バストを吊り上げる役割をしています。このクーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、バストが垂れる原因となります。

 

バストアップのためには、バストの脂肪を増やすこと、そしてクーパー靭帯でしっかりと支えること

 

クーパー靭帯があってこそ、ハリのある綺麗なバストが維持できるのです。

 

では、クーパー靭帯を維持するために必要なものは何でしょうか。

 

クーパー靭帯の主成分は、コラーゲンです。そして、コラーゲンを支えているのがエラスチンです。

 

ですから、バストのハリや弾力を維持するためには、エラスチンを摂取することが大切になります。

 

エラスチンの効果

バストアップ以外でもエラスチンは様々な効果が期待できます。

 

潤いとハリのある肌
肌は「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層で構成されています。

 

そのうち、肌の潤いや弾力に大きく関わってるのが「真皮」の部分です。

 

真皮は、コラーゲン70%、エラスチン5%、あとはヒアルロン酸で、圧倒的にコラーゲンが多いのですが、エラストンがコラーゲンをしっかりと支えているからこそ、肌のハリや柔軟性は保たれているのです。

 

また、エラスチンには水分を保持する働きもあり、エラスチンのおかげで、肌のハリや潤いが保たれているのです。

 

動脈硬化を防ぐ働き
エラスチンは、心臓や全身の血管に存在しています。エラスチンが不足すると、血管の弾力性が失われ、動脈硬化や心筋梗塞、脳血栓などのリスクが高くなります。

 

マシュマロヴィーナスの口コミや効果、成分、商品概要、最安値情報などの詳細についてはトップページで紹介しています。

 

>>マシュマロヴィーナスのトップページはこちら

関連ページ

ワイルドヤムのバストアップ効果について
マシュマロヴィーナスの成分ワイルドヤムとはどんな成分でバストアップに作用するのかを説明しています。
アグアヘのバストアップ効果について
マシュマロヴィーナスの成分アグアヘとはどんな成分でバストップにどのように作用するのかを説明しています。
チェストベリーのバストアップ効果
マシュマロヴィーナスの成分の1つチェストベリーの成分とバストアップに及ぼす効果について紹介しています。
発酵プエラリアのバストアップ効果
プエラリアはバストアップの代表的な成分ですが、マシュマロヴィーナスに配合されているのは発酵プエラリアです。ここでは、発酵プエラリアとプエラリアとの違いやバストアップ効果について解説します。